公務員大家のブログ

公務員でありながら、職場の許可を得て不動産投資をやっています。2016年4月からセミリタイアに入ります。

安い・速い・便利!不動産登記簿謄本はネットで取り寄せよう。

      2015/09/02

登記情報提供サービス物件購入を検討する際、不動産業者から登記簿謄本を貰える場合もありますが、自分で準備する必要がある場合もあります。融資相談の場合に不動産登記簿謄本は必須です。

 

いきなりちょっとハイレベルな話になりますが、

町を歩いていて、「この物件ほしいな」「誰が持っているのだろう」と感じることがあれば、ぜひ不動産登記簿謄本を取得して下さい。

 

 

 

登記簿謄本の取得方法

不動産登記簿謄本を取得する方法は主に2つあります。

1.最寄り法務局へ行って取得する。

2.登記情報提供サービスを利用する。

 

正式な登記簿謄本が必要な場合は、法務局で取得する必要があります。

ただし、情報を閲覧したいというだけであれば、2の登記情報提供サービスを利用しない手はありません。

登記情報提供サービス

 

大まかな流れ

登記情報提供サービスの使い方は、

 

利用申込→ログイン→取得したい物件を選択→支払い(クレジットカード・口座引き落とし)→ダウンロード→プリンタで印刷

 

という流れです。

 

物件の取得方法としては、

1.一時利用

2.個人利用

3.法人利用

の3パターンがあります。

 

 

利用登録

登記情報提供サービスを利用するには、まず利用申込が必要です。

 

1.一時利用

2015-08-25 11.24.53

一時利用はその名の通り、継続的に利用しない方がサービスを利用する方法です。

登録すると、一時利用のIDとパスワードが送られてきます。

そのIDとパスワードを使用してログインします。

支払い方法はクレジットカードです。

 

2.個人利用

2015-08-25 11.26.42

一回だけでなく、繰り返し不動産登記簿謄本を取得する可能性がある人はこちらを選択して下さい。

月会費などは不要ですので、不動産投資をやっている方であれば、個人利用の登録をした方が楽です。一定期間内であれば、過去に取得した登記簿謄本も再取得できます。

また、法人化していても、家族経営など、小規模で不動産経営をされている方であればこちらの方が使い勝手が良いと思います。

支払い方法はクレジットカードです。

登録が完了すると、IDとパスワードが郵送で通知されます。

 

3.法人利用

ID

基本的には個人利用と同じですが、印鑑証明書や会社の謄本を送らないといけないなど、少し面倒です。

ただ、複数人(最大200人)のIDが発行可能で、最大の特徴は支払い方法が口座引き落としであることです。

登録が完了すると、IDとパスワードが郵送で通知されます。

 

利用申込後の利用方法

1.「登記情報を請求する」をクリック

2015-08-25 11.34.12

 

2.通知されたID、パスワードでログイン

 

3.「不動産請求」をクリック

ここでは不動産登記情報を取得することができます。


2015-08-25 11.41.17

 

 

4.必要な情報を入力

土地・建物は別で取得することになります。

2015-08-25 11.41.57

 

5.マイページに移動

 

6.ステータスが請求済みとなれば、ダウンロードできます。

2015-08-25 11.48.35

 

※一定期間を過ぎると閲覧できなくなりますので、任意の場所にpdfでダウンロードしておきましょう。

 

取得した登記簿謄本を閲覧することで、現所有者の氏名、借入額、権利関係を知ることができ、戦略を練ることができます。

登記簿謄本の見方はこちらのサイトがわかりやすいと思います。

 - 不動産投資, 購入 , , ,