公務員大家のブログ

公務員でありながら、職場の許可を得て不動産投資をやっています。2016年4月からセミリタイアに入ります。

不動産投資の空室対策に効果的!Airbnb収益公開

   

airbnb

 

airbnbは今年から爆発的にホスト数が増えているようですが、少し先駆けて始めてました。

副業としての不動産投資のさらに副業のような感じで、空室対策として使っています。

副業の副業なんて変な感じですが…。

 

鍵の受け渡しや清掃等、一切ゲストと接することは無い運営方法を使っていますので、本業にも差し障りありません。

 

物件紹介

Apartmentairbnbに使っている物件です。(画像はイメージ)

 

 

築古木造2階建て1階の1室

賃貸時の家賃:30,000円/月

設備:風呂、キッチン、風呂、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、掃除機、クーラー、ストーブ、インターネット(Wi-Fi)、セミダブル布団2組、食器、タオル(人数分)、洗濯紐、ハンガー

 

観光地にあるアパートですが、観光シーズンが非常に限定的なので、予約が入る日が偏っています

 

運営をはじめてちょうど1年ぐらいです。

一年のうち、予約が入っている日数は、30日~40日ほどですので、稼働率はあまり高くありません

ただ単価がそこそこ高いので、今までの収益は、340,572円(今後の予約も含む)です。

 

 

airbnb

受取済みの宿泊料金

 

airbnb

今後の受取予定

 

運営上の支出

airbnbでは、空室のアパートを「まるまる貸切」で貸しています。

初期費用、ランニング費用がかかっていますので、紹介します。

 

設備代(初期費用)

エアコン、ストーブはプロパンガス会社持ちなのですので、無料です。

洗濯機、電子レンジは他の家具付きアパートで余っていたものを持ってきましたので無料です。

冷蔵庫は中古を15,000円で購入しました。

一番費用がかかったのは布団で、合計28,808円です。

全てニトリですが、替えのシーツ、枕カバーのセットを買ったので、結構高くつきました。

 

ランニングコスト

光熱費

airbnbでは光熱費を徴収しませんので、こちら持ちになります。

水道、ガス、電気代がかかりますが、予約が入っている時期のみ使用の再開を連絡するので、基本料金も抑えられています。

概算ですが、1日辺り500円ぐらいだと思います。

 

清掃料・クリーニング代

清掃とシーツのクリーニングを全て業者にお任せしています。

良心的な業者さんなので、清掃費用は一回あたり2,500円

クリーニング代は実費で、1,000円ぐらいです。

 

法律的にはグレーな状態なので、いつairbnbを使えなくなるかわかりません。

ただ、空室にしておいておくより良いと思いますので、動きがあるまではしばらく運営を続けたいと思います。

 

まとめ

初期費用:43,808円

運営費用(光熱費・清掃・クリーニング代)×13回:3,500円×13=45,500円

収入:340,572円(予約分も含む)

初年度利益:251,264円

 

二年目からは初期費用がなくなるので、グッと利益率があがりますし、airbnbのレビューも良い数値を維持しているので、予約率が高まる可能性があります。

 

 

運営のコツなどはまた別の機会に書いてみたいと思います。

 

 

 

 - airbnb, 空室対策 , ,