公務員大家のブログ

公務員でありながら、職場の許可を得て不動産投資をやっています。2016年4月からセミリタイアに入ります。

セミリタイア生活に入ることを決めました!

   

20141204112725

突然ですが、公務員を退職し、セミリタイア生活に入ることに決めました

退職するのは来年の3月末です。

 

先日書いた「公務員の退職金を考える 計算方法と不動産投資的視点」は退職を見据えて書いた記事です。

 

退職を決めた理由

収入

まずは不動産による所得(家賃収入ー(融資返済+経費+税金等))が普段の生活費を上回り、ラットレースから抜け出したという点です。

※ラットレースとは、不労所得が生活費を上回った状態のこと。金持ち父さん・貧乏父さんの本に出てきます。キャッシュフロー101というゲームをプレイした人ならわかると思いますが、まずラットレースを抜け出すことが第一関門となります。

現在の賃料収入と来年完成予定の新築アパートの収入を合わせると、普段の生活には困らない状態となりました。

 

融資

bank01金融機関の担当者に相談したところ、法人としての事業が軌道にのっているので、退職後も融資が可能ということを確認しました。法人の代表だある妻は引き続き準公務員を続けますので、金融機関としてはその部分が保険となっていると思われます。

 

タイミング

実は知り合いの方が若くして最近亡くなりました。元気そうだったのに、急死です。

「やりたいことはできるうちにしなければ!」と感じました。

30代の私ですが、いずれ死ぬ日がきます。死ぬのは80歳かもしれませんし、明日かもしれません。使い古された言い回しですが、「人生一度きり」です。退職してやりたいことをどんどんやっていきたいと思います。

 

退職するための準備

職場での準備

仕事の引き継ぎが重要です。ただ私の場合、それほど引き継ぎ内容は多くありません。

これからの5ヶ月を使って一通り書面にしていこうと思っています。

同僚には1、2ヶ月前に退職することを伝えようと思っています。

 

社会保険関連

logo_enn_c_400x400退職後、任意継続で保険を使うことができるのですが、結構いい金額です。個人でのアパート収入があるので、残念ながら妻の扶養に3号被保険者としては入れません。

 

そこで、法人の社員であることをうまく使いたいと思います。

今までは役員報酬を出していなかったのですが、来期より最低限の役員報酬を出し、法人の厚生年金と健康保険に加入します。

 

例えば北海道の場合の一番安い保険料は、

健康保険:5881円(個人負担は2940円)

厚生年金:17471円(個人負担は8735円)

です。

 

市町村の健康保険・国民年金とも比べてみましたが、法人の方が安くおさまりそうでしたので、こちらにしました。

住んでいる市町村などによって金額が大きく変わりますので、前もって年金機構と市役所等に相談される方が良いと思います。

 

 

不動産大家としての準備

挨拶回り

後述しますが、セミリタイア生活に入ったら現在住んでいるところを離れます。定住しない可能性もあるので、金融機関、不動産業者、保険会社、ガス会社、清掃会社などに挨拶回りをします。

普段ちょくちょく顔を出していたので、これからはメールと電話がメインの連絡手段となりますので、しっかり挨拶して回ります。

 

郵送物転送

Australia_Post_box書類の郵送先を実家に変更しました。実家に事務処理をお願いすることになったので、届く予定の書類一覧を作り、書類毎に保管の要・不要、必要であればスキャンしてメールで送るなど、作業リストを作りました。3月末まで試運転します。融資の関係上、法人の所在地は変更しないので、金融機関から法人向けに送られてくる書類はバーチャルオフィス的な転送サービスを使います。

普段届いている郵送物の送付元は以下の通りです。

・金融機関

・管理会社

・清掃会社

・電力会社

・保険会社

いっぱい連絡するところがあって大変です…。

 

セミリタイアに入ったら何をするか

以前、下記の記事でセミリタイアについて軽く触れました。

私の不動産投資の最終目的はセミリタイアです。 | 公務員大家のブログ

 

ノマド的な生活をしたいのですが、子供の成長を考えて、ある程度定住はさけられないなと考えています。

さしあたり地方で農作物を作って自給自足的に生きてみるか、生活費の安い海外に移住するか、検討中です。

できればあったかい地域が良いので、日本国内であれば沖縄、海外であればフィリピンやバリ島などが良さそうですね。

マレーシアも成長している国で面白いと聞いています。これからの5ヶ月を使って準備を進めていきます。

 

今後の不動産投資について

手持ちの物件をさらに安定させるとともに、売却も進めていきます。

現在建設中の物件がひと段落し、いくつか売却できたら次の物件購入を考えますが、土地値や建設費が高騰しているので、様子見をするかもしれません。ですが、不動産業界では「歪み」というものがいつでもあるものなので、この「歪み」のある物件を探せるよう常にアンテナを張っていきたいと思います。

 

おまけ 退職金はいくら?

私は3月末で8年勤めたことになります。

おおよそ120万円ほどですので、一般的な公務員の退職金から比べればかなり少ないですね。

いいんです。あと20年以上勤めて追加で2000万円もらえるより、やりたいことをできるうちにやっていきたいと思います。

 

まとめ

公務員というのは超安定しているので、「辞める」と人に言ったら「そんな、もったいない!辞めるな。」と言って止める人がほとんどです。安定を捨てて不安定な人生に一歩踏み出すのは勇気のいるものです。

アップルのスティーブ・ジョブズはスタンフォード大学の卒業式のスピーチで、「死を意識しておけば毎日を精一杯生きようとするようになる」(個人的な意訳)と言っていました。

毎日精一杯生きるためには公務員という職は捨てなければならないと感じました。

これからはセミリタイアに向けての準備、不動産大家業、仕事の引き継ぎなど、さらに忙しくなりそうです。

 

正式には「元・公務員の大家ブログ」となってしまいますが、引き続き「公務員大家のブログ」としてやっていきたいと思います。

 

 - セミリタイア , , ,